Uber Eats 配達員に登録で、最大4万円もらえるチャンス! 詳しくはコチラの記事をご覧ください。

ウーバーイーツの給料と振込日をエリア別に解説!給料アップの秘策も伝授

ウーバーイーツの給料と振込日をエリア別に解説!給料アップの秘策も伝授

この記事ではウーバーイーツ配達員の給料計算方法や、現在実施中の新規配達パートナー向けキャンペーンボーナス給料の振込日についてご紹介します。
また、現役配達パートナーのリアルな給料も公開します。

【更新日:2019年3月1日】

この記事で得られる情報
・給料の計算方法と給料アップの秘策
・現在開催中の新規配達パートナー向け都市別キャンペーンボーナス
・現役配達パートナーの給料大公開
・給料の振込日

ウーバーイーツの給料の仕組みは?(2019年3月現在)

配達員 への支払い金額の基本は、支払い=基本料金× ブースト 率+ インセンティブ 料金-サービス手数料
※基本料金やブースト率、サービス手数料は都市ごとに異なります。

ブースト率

ブースト率 は、基本料金に上乗せされて支払われる給料エリアや時間や配達車両によって1.1~3.0倍の間で倍率が決められます

上のスクショのようにドライバーアプリ上のマップで確認することができ、青く囲われたエリア内にて ピックアップ を行った場合に付与される仕組みです。

ブーストはいつ付くのか?

ブーストは注文の需要が多いエリアや時間帯ほど高い倍率が設定されます。
例えば下記のような条件下では高い倍率が設定されることが多いです。

時間帯

・ランチタイム(11:00~14:00)
・ディナータイム(19:00~21:00

エリア

・レストランが密集する都市の中心部
・住宅が密集するエリア

上記のエリアや時間帯をうまく活用することで、効率よく稼ぐことが出来ます。

ブーストエリアの配達員飽和状態に注意!

高倍率のブーストエリアには高いブーストを求めて多くの配達員が集まります
配達員が同エリアに多くなると、配達依頼が分散され依頼が来る件数が少なくなることがあります

最悪の場合、依頼が来ないなんて言うこともしばしばあり高ブーストなのに稼げないということも十分にあります。

では、どうしたら依頼が来る確率を高められるか?
ここからが給料アップの秘策です、下記の事を実践してください。

給料アップの秘策

マクドナルドやケンタッキーなどの人気店の近くで待機

理由:ウーバーイーツはお客さんから注文があったときに、注文店舗の近くでオンラインにしている配達員に依頼を回します。
そのため店舗に近い配達員のほうが依頼が来る可能性が高く、人気店となるとピークタイム中に何十回と注文が入るため人気店が密集するエリアのほうが依頼を受ける確率が高まります。

タピオカミルクティーなどの人気ドリンク店の近くで待機

理由:理由は上記の項目と一緒ですが、ピークタイム中はフードだけでなくドリンクにも注文が集まります。
エリア内に人気のドリンク店がある場合は近くで待機するのもおすすめです。

配達員過多の高ブーストエリアを避ける

理由:ピークタイム中は配達員が少ない低ブーストエリアのほうが依頼を受けやすい場合があります。
高単価×低回転よりも低単価×高回転を取る作戦で、高ブーストのエリアを避けて、1配達あたりの単価よりも、配達数をこなして給料アップを目指すこともおすすめです。

上記の項目を実践するにはウーバーイーツの注文アプリである程度の予習が必要です
ウーバーイーツの注文アプリで自分が今いる位置で検索してみてください。

注文アプリをダウンロードしていない方はコチラから。

Uber Eats 注文アプリダウンロード

検索すると注文可能なレストランがずらーっと出てくると思います。
その中で上位に表示されているレストランは注文を受けやすいです。

Googleで何かを検索した時を想像すればわかりやすいですね!
気になるものを上から順に見ていくと思います。
これと同じ心理で上位表示されているレストランは、訪問するお客さんが多い=注文される確率が高いというわけで、時間があれば稼働前の予習は行うようにしましょう。

インセンティブ

インセンティブ は基本料金や ブースト とは別に支払われる給料エリアや時間、配達車両によって達成回数と達成金額が決められるクエストミッション

上のスクショようにドライバーアプリ上で確認することができ、決められたエリア内と時間にて規定回数を配達すると報酬が支払われる仕組み

※(上記図例)東京エリアで10:30~15:00の間で4回配達で400円、8回配達で1,300円、12回配達で2,600円

インセンティブはいつ付くのか?

インセンティブは多くの注文の需要が見込める時間帯や、配達員の不足が予想される日に付くことが多いです。
下記のような日にはインセンティブが付くことが期待できます。

・土日祝日
・お正月、GWなどの大型連休
・雨や猛暑、寒波などの悪天候が予想される日
・配達員が不足している都市

インセンティブ達成の難易度

インセンティブ達成の事を「4クリ」「8クリ」「完クリ」と言いますが、完クリは結構難しく、私は150回程度配達経験を積んでようやく完クリできたほど難易度は高めに設定されています

都市や使用する配達車両(自転車か原付バイクか)にもよりますが、「自転車配達だから達成できない」ということはありません、実際に自転車配達で完クリしている配達員さんはたくさんいます。

インセンティブ達成のためのちょっとしたコツと無駄な行動を排除する意識を持てば完クリに近づきますので下記を実践してください。

インセンティブ達成のための秘策

マクドナルドやガストなどの大型チェーン店の近くで待機

理由:インセンティブ中は時間との勝負ですので、配達までの距離が短く、短時間で配達をこなせる依頼が理想です。
その理想の依頼を受ける確率を高めるのがマクドナルドやガストなどの大型チェーン店です。
上記の店舗では1~2kmの配達依頼が中心で、長い距離を走る ロングドロップ があまり無いため、短時間で多くの配達数をこなすことが可能です。

高ブーストエリアを避ける

理由:「給料アップの秘訣」でもお話ししましたが、配達数を稼ぐためには配達員が少ないエリアで稼働することが重要です。
高ブーストエリアには多くの配達員が集まることから、インセンティブがついているときは、完クリを目指し低単価×高回転の作戦がおすすめで、インセンティブが達成されればトータルの給料で、高ブーストエリアでインセンティブ未達成を上回ることができます。

配達中は無駄な時間を排除しよう

行動や作業で無駄に時間を使いがちな部分をピックアップしました。

①店舗到着後に来店のお客さんで混んでいるからと言って、店員に到着したことを伝えられない、または来店のお客さんと一緒に並んでしまう。
A. 始めたばかりの配達員さんでよく見かけます。
店舗に到着したらすぐに「ウーバーイーツです」と言って注文番号を伝えましょう。
料理が出来上がっていた場合、店舗で無駄に時間を使ってしまうと料理が冷めてしまいますし時間の無駄です。

②料理の配達バッグへの荷積みと出発までのアプリ操作
A. 同じタイミングで受け取ったのに出発が遅い配達員さんをよく見かけますが、受け取りから出発までに行う作業は2つ、荷積みと配達場所の住所入力です。
私の場合、荷積みは料理が倒れないように端に寄せて、ぐるぐる巻きにしたタオルで固定するだけです。
住所の入力は配達アプリで表示された住所を一時的に覚えて、googleマップに音声入力で入力ししています。
詳しいやり方は下記の動画で説明していますので参考にしてください。

いろいろな種類のインセンティブ

これまで説明したインセンティブのほか下記のようなインセンティブもあります。

日をまたいだインセンティブ

〇〇月○○日から〇〇月○○日の間に30回の配達を達成すると10,000円など。
日や週をまたいだインセンティブもあります。

時給保証

ウーバーイーツが始まったばかりの都市で付くことが多いので今はどの都市も付かないですが、〇〇月○○日○○時から○○時までの間、依頼が来なくてもオンラインにしていれば、1,500円/時間のインセンティブなど。

エリア別の給料詳細

お支払い=(1)基本料金×(2) ブースト 率 +(3) インセンティブ 料金-(4)サービス手数料

東京神奈川名古屋関西
千葉、埼玉は東京と同様
(1)基本料金(470円+走行距離150円/km)
(2) ブースト 率
(3) インセンティブ 料金
(4)サービス手数料 東京のサービス手数料は35%
(例) ブースト 1.2倍の地区で3kmの配達を1回完了すると
470(基本料金)+450(走行距離)×1.2( ブースト 率)-35%(サービス手数料)=717円
(1)基本料金(200円+走行距離60円/km)
(2) ブースト 率 基本料金が東京よりも低い分、ブースト率が高く設定されています
(3) インセンティブ 料金 指定された地域と時間内で一定以上の回数を配達すると発生します
(4)サービス手数料 神奈川のサービス手数料は5%
(例) ブースト 1.8倍の地区で3kmの配達を1回完了すると
200(基本料金)+180(走行距離)×1.8( ブースト 率)-5%(サービス手数料)=649円
(1)基本料金(199円+走行距離45円/km)
(2) ブースト 率 基本料金が東京よりも低い分、ブースト率が高く設定されています
(3) インセンティブ 料金 指定された地域と時間内で一定以上の回数を配達すると発生します
(4)サービス手数料 京都のサービス手数料は5%
(例) ブースト 2.2倍の地区で3kmの配達を1回完了すると
199(基本料金)+135(走行距離)×2.2( ブースト 率)-5%(サービス手数料)=698円
京都、神戸は大阪と同様
(1)基本料金(199円+走行距離45円/km)
(2) ブースト 率 基本料金が東京よりも低い分、 ブースト 率が高く設定されています
(3) インセンティブ 料金 指定された地域と時間内で一定以上の回数を配達すると発生します
(4)サービス手数料 大阪のサービス手数料は5%
(例) ブースト 2.2倍の地区で3kmの配達を1回完了すると
199(基本料金)+135(走行距離)×2.2( ブースト 率)-5%(サービス手数料)=698円

現在利用可能な新規配達員向けキャンペーンと招待ボーナス

東京横浜川崎千葉埼玉名古屋京都大阪神戸福岡
・配達報酬の補填キャンペーン(50回配達35,000円)
・招待ボーナス(40,000円)
・初回配達5,000円キャンペーン(5,000円)
・配達報酬の補填キャンペーン(50回配達35,000円)
・招待ボーナス(20,000円)
・初回配達5,000円キャンペーン(5,000円)
・紹介ボーナス(20,000円)
・招待ボーナス(40,000円)
・招待ボーナス(40,000円)
・招待ボーナス(40,000円)
・招待ボーナス(10,000円)
・招待ボーナス(40,000円)
・初回配達5,000円キャンペーン(5,000円)
・招待ボーナス(自転車10,000/バイク20,000円)
・招待ボーナス(10,000円)

現在様々なキャンペーンが行われており、キャンペーンを組み合わせることで時給UPが狙えます。

詳しくは、詳細の記事をご確認ください。

配達報酬の補填キャンペーン

配達報酬補填キャンペーンについては下記の記事でご確認ください。

初回配達5,000円キャンペーン

初回配達5,000円キャンペーンについては下記の記事でご確認ください。

招待ボーナス

招待ボーナスに関する情報は下記の記事でご確認ください。

ロングピック & ショートドロップ に注意

ピックアップ には給料が発生しません。
走行距離としてカウントさせるのは ドロップ 時の走行距離のみ
そのため依頼を受けた現在地からレストランまでは遠いが、レストランからお客様へのお届け先が短く走った距離の割に稼げないということもある。

しかし、配達用のアプリで依頼を着信すると、画面にレストランまでのおおよその時間が表示されるので、あまりにも遠い依頼は「拒否」することができます。

目安として ピックアップ に10分以上の表示であれば拒否するのが良いでしょう。

現役配達員のリアル給料額公開

下記は5日間の売上画面のスクショになります。
合計の稼働時間は約45時間5日間合計で60,583円の配達報酬となり、
時給換算で約1,350円/時間となりました。
※下記スクショには インセンティブ は含まれていません。

給料の振込日

給料の支払いは週払い。
振込は日曜日締めの翌週火曜日の振込。※三菱東京UFJの場合
海外から送金されてくるため、受け取り側の銀行によっては水曜日や木曜日の振込になることもあります。

また、振込元の国の祝日により着金が前後することもあります。

専用アプリやWebでリアルタイムで現在までの金額をチェックすることができるほか、振込予定の金額や過去の振込額も細かく閲覧できます。
Webでは明細をCSVでダウンロードすることもできます。

記事は以上になります。
この記事がお役に立ちましたらブログのブックマークをお願いいたします。

初心者カテゴリの最新記事